どこまで知ってる?相続手続き

どんな手続きが必要なのかがわからない

相続手続きと言われても、いったいどんな手続きをどこですればよいのかわからない方は、手続きが一目でわかる諸手続一覧表をご活用ください。

お一人の方が亡くなると100種類以上の手続きが必要と言われております。その一つ一つには、期限があるもの、請求しなければもらえないものなど、知らなければ損することがたくさんあります。

まずは、諸手続一覧表にて、お確かめください。

どんな手続きが必要なのかがわからない

必要手続きの一例

通常でも面倒な解約手続きや名義変更は、相続になるともっと面倒になります。

ご自分で「ご自身の」預金通帳を解約する場合

相続手続きにてご自分で「故人の」預金通帳を解約する場合

相続人全員が揃って手続きに出向くのは、難しい

相続人が全員、時間を繰り合わせて手続き場所に出向くことができれば、その場で説明を受けながら記入することができ、不備なくスムーズに手続きをすすめることが可能です。しかしながら、全員の時間を合わせることなど現実にはできないケースがほとんどです。

そのため、代表となる方が代わりに説明を聞き、覚え、確実に他の相続人に伝えることが必要になります。

また、法務局や裁判所など、普段の生活では馴染みが少ないところでの手続きですと、そこに出向き話を聞くだけで大きなエネルギーを使う事になります。

手続きを順序よくすすめることにより、時間や費用を削減することができます。

詳しくは、無料相談にてご相談ください。