トップページ » 相続手続きの説明 » 集めなければいけない戸籍

集めなければいけない戸籍

銀行預金の解約・名義変更などの相続手続を進めるためには、故人の方の「戸籍」を出生時から死亡時まで途切れることなく揃える必要があります。この場合の「戸籍」は3つの種類があります。

【戸籍について】

「戸籍」には狭義の意味と広義の意味があります。

狭義での意味は、現在の身分関係(親子関係、夫婦関係など)や人物の状況(現在の氏名や性別、生年月日)を証明する、「現在の戸籍」のことを言い、通常夫婦と未婚の子供で構成されています。住所を表すものではありません。

1つの戸籍全部を証明したものを戸籍「謄本」(コンピュータ化された戸籍の場合は「全部事項証明書」)、長男の部分のみといったような戸籍の一部を証明したものを戸籍「抄本」(コンピュータ化された戸籍の場合は「一部事項証明書」)と言います。

広義の意味では、狭義の戸籍と後述する除籍や原戸籍を含む総称を言います。

【原戸籍(はらこせき)について】

原戸籍には通常2種類あり、1つは従来、紙の戸籍簿によって戸籍事務を行っていたものを一定の日(「改製日」と言います)以後コンピュータで事務を行うため、戸籍に関する内容はコンピュータに入力することとなりました。この場合の、コンピュータ化となる前の戸籍、作り換える前の戸籍を「平成改製の原戸籍」と言います。

もう1つは、戦後に明治以来の「戸主」を中心とした戸籍を、夫婦を中心とした戸籍に改めることとなったのですが、この夫婦を中心とした戸籍に改める前の戸籍です。こちらは「昭和改製の原戸籍」と言います。いずれも本籍地は変わらないのですが、別の戸籍ということになります。

【除籍について】

「除籍」とは、1つの戸籍の中に記載されている全員が死亡や婚姻で戸籍から除かれたり、本籍地を他の市町村へ移したような場合、以後戸籍に関する記載や情報処理がされなくなった戸籍のことを言います。

無料相談のご予約はお電話でも承っております。

無料相談の手順

ご相談ください、こんな悩み事。

大切な人を失ったときでも、感傷に浸るまもなく、相続手続きの期限は迫ってきます。私たち相続手続支援センター北海道支部は、相続手続きに関する支援に特化し、多くの実績を重ねてきました。初回のご相談は無料となっておりますので是非、ご相談ください。

無料相談はこちらのメールフォームへ